ディップコーター専門 製造・販売・メンテナンス

HOME > SDIディップコーター(ディップコーティング装置)の特徴

ディップコーターの特徴

Features of dip coater

SDIディップコーター(ディップコーティング装置)の特徴

 ディップコートに使用するディップコーター(ディップコーティング装置)は、そのディップコートする母材(塗布対象物)、ディップコーティング液(ディップコート液)の種類により、ディップコート速度、ディップストローク、ディップ速度変更形態等、さまざまな仕様の装置が必要となります。当社では、長年の製造実績に基づいて、お客様のニーズに合致したマイディップコーター(ディップコーティング装置)の提供を心がけております。
当社ディップコーター(ディップコーティング装置)の特徴は、機種にもよりますが となります。

当社ディップコーター(ディップコーティング装置)の最大の特徴であります、ディップコート速度変更パターンを図解致しますと、

★リニア運転モード (該当機種:LD-1304-S2)

指定された位置Aから位置Bまで、ディップコートの速度をリニアに変化させて、滑らかな膜厚の変化を生成するディップコーティングのモード
注意:コーティング膜の形状はあくまでも参考(イメージ)です。コーティング液の特性により、大きく変わる場合がございます。 ディップコート速度変更パターン

★連続運転モード(該当機種:DT-0001-S2以外の全機種)


 任意に設定されたディップコート速度を変更させる位置で、ディップコーティングの速度変更時間を「0sec」すなわち即座に変更させるディップコーティングのモード
注意:コーティング膜の形状はあくまでも参考(イメージ)です。コーティング液の特性により、大きく変わる場合がございます。 ディップコート速度変更パターン

★待機運転モード(該当機種:全機種)

任意に設定されたディップコート速度を変更させる位置で、ディップコーティングの速度変更時間を最短「0.1sec」、最長「999.9sec」に変更させるディップコーティング。ディップコート液の垂れ、ディップコーティング材への含浸が必要な場合のディップコーティングのモード
注意:コーティング膜の形状はあくまでも参考(イメージ)です。コーティング液の特性により、大きく変わる場合がございます。 ディップコート速度変更パターン

お問い合わせContact Us

製品に関するお問い合わせや資料請求、またその他あらゆるお問い合わせやご意見等、こちらからご送信いただけます。
お問い合わせページトップへ
Copyright (c) SDI Company .,LTD. All Rights Reserved.