繝繧」繝繝励さ繝シ繧ソ繝シ蟆る摩縲陬ス騾繝サ雋ゥ螢イ繝サ繝。繝ウ繝繝翫Φ繧ケ

繝繧」繝繝励さ繝シ繧ソ繝シ縺ィ縺ッ縺ゥ繧薙↑繧ゅョ縺ァ縺吶°シ
逕ィ騾泌挨縺ァ謗「縺
繝代シ繝医リ繝シ莨∵・ュ讒倥ョ蜍滄寔

譬ェ蠑丈シ夂、セSDI

髮サ蟄蝉コ区・ュ驛ィ

荵セ辯・讖滉コ区・ュ驛ィ
Fun to Share
譬ェ蠑丈シ夂、セSDI縺ッFun to Share縺ォ蜿ょ刈縺励※縺翫j縺セ縺
縲後昴ず繝繧」繝悶サ繧ェ繝輔埼°蜍
譬ェ蠑丈シ夂、セSDI縺ッ縲後昴ず繝繧」繝悶サ繧ェ繝輔埼°蜍輔↓蜿ょ刈縺励※縺翫j縺セ縺
ホーム > 管状物用ディップコーター DT-1111-S2
製品詳細

実験・開発用、卓上ディップコーター

管状物用ディップコーター DT-1111-S2

筒状のワークをタンクの中のディップコート(ディップコーティング)するディップコーターです。ワークを吊り下げ易くする為に、タンクがスライドします。
ガラス管、金属等の筒状の長物ワークをディップコート(ディップコーティング)するディップコーターです。ワークを吊り下げる時には、ワークを吊下げやすくする為にタンクがスライドします。(タンクは別売りです)

主 仕 様
ストローク 900mm
最小速度(Min) 0.1mm/sec
最大速度(Max) 60mm/sec
操作方法 タッチパネル
画面文字 日本語/英語
処理速度指定ポイント数 8ポイント
停止位置指定ポイント数 8ポイント
停止時間指定ポイント数 8ポイント
連続運転モード
マニュアル運転モード
記憶プログラム数 2プログラム
モニター機能:現在速度
モニター機能:現在位置
モニター機能:動作残時間
繰り返し運転
標準クリップ SUS材
ユーティリティー AC100V、250VA
最大可搬重量 20kg
最大処理サイズ:mm H:900mm
リニア運転モード
装置サイズ:突起含まず W:820 D:850 H:2145
コントロールBOXサイズ:突起含まず W:300 D:285 H:163
※連続運転モードとは、速度変更時の停止時間が「0sec」の事
※マニュアル運転モードとは、設定された1つの速度で上昇・下降運転(上昇速度と下降速度は別設定)する事
繝壹シ繧ク繝医ャ繝励∈
Copyright (c) SDI Company .,LTD. All Rights Reserved.